竜昌のゲーセン日記
タイトルそのまんまの日記です。 勢いだけでやってますよ、ええ(゚∀゚) ゲーセンに行った日に更新予定、たまにカードゲームのデッキ考察なんかも書くかも。 ガンダムカードビルダー・三国志大戦などがメイン。
プロフィール

柾木 竜昌

Author:柾木 竜昌



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



いらっしゃいませカウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回のお話
相変わらずプレイ出来てません。・゚・(ノД`)・゚・。
なので、今日は前回の続きということで、デッキの構築でも。

まあ、デッキ構築と言っても、コスト枠なんかの都合上もありますので、そう上手くはいかないんですが。
今回はジオン軍を考えてみようかと思います。



さて、それでは標準的なデッキを組んでみましょうか。
近~遠距離をバランスよく戦えるデッキということで。

全ての距離を1ユニットでカバーというのは、かなり厳しいので、ここは2つのユニットで部隊を構成してみましょう。
エース+支援という形は、部隊構成の一つの基本です。

さて、ジオンの場合、遠距離支援機体というのは、そんなに多くないです。
遠距離支援機体というと、こんなところでしょうか。

・ザクキャノン
・ゲルググキャノン
・ザクタンク
・マゼラトップ
・アプサラスシリーズ
・サイコミュ系

サイコミュ系は遠距離型最強の一角です。
オススメはブラウブロ、ただしビームバリアが相手に居ると攻撃が全く効かない恐れはありますが…。
脱出装置付きで、脱出後も戦力となり得るいい機体ですね。
コスト安ながらも強いのはマゼラトップ。
武装がマゼラトップ砲、脱出装置付きというのは大きいです。

では逆にエース機体。

・ゲルググ
・ドム
・ズゴック・ゴック

地上で水中があるところなら、ズゴックは十分強いかと思います。
ですが、まあ普通に考えればゲルググ(高機動型や専用機がベスト)かドム(リックドム等)ではなかろうかと。
地上ならドダイに乗ったグフなんかもイイですね。

ここではテストケースとして、ザクキャノン(100)・ドム(110)を使ってみようかと思います。

では次にパイロット。
ここはある程度好みや資産と相談でよろしいかと。
前回述べたように、エース+サブか、もしくは中堅2人がベストかと。
今回は、コモンながらコスト90、能力も比較的高いロバート・ギリアムにドムを託し、平均的能力を持ちつつ、支援にピッタリなスキルを持つデル(50)をザクキャノンに乗せてみます。

これでドムは190・ザクキャノンは150となりました。

引き続き武装です。
まずドムには片方はシールドを持たせたほうがいいと思います。
便利なシールドとしては、ガトリングシールド・ギャンシールド等が有ります。
ジオンはシールドが豊富ですね。

ギリアムのスキルが、機動重視で戦うことにメリットが出てくるので、ここはグフシールドを付けてみたいと思います。
こうすることにより、格闘攻撃が2回行われます。
もう片方には、中距離辺りをカバー出来るように、ビームライフル等を持たせておくといいでしょう。
ガトリングシールドを更に付けて、シールド2枚にしておくのもいいと思います。
今回は幅を持たせるため、ビームライフルを装着してみます。

引き続きザクキャノンの武装です。
ザクキャノンに限らず、支援系ユニット全般に言えることですが、ここは近距離のことはあまり考えず、距離を長く取れるように武装した方がいいと思います。

さて、固有武装のキャノン砲は、遮蔽物を無視して攻撃するという効果がありますので、これを更に活かせるように、ほぼ同じ効力を持つマゼラトップ砲がオススメです。
ただし、両手持ち武器なので、もう片方の手に装備をすることは出来ません。
ただし、脚部3連ミサイルポッドは両手がふさがっていても装備することは可能です。
スロット5があれば、ですけども。
というわけで、武装はこの2枚を使用してみます。

ただし、マゼラトップ砲でなくても、遠距離をカバー出来る武装を単純に2枚付けるのもいいと思います。
あくまで例として挙げてるだけなのでw

これでドムのコストは280、ザクキャノンは210となりました。
一応これで完成といえば完成です。
残りのカスタム枠、艦長をどうするかという問題は残ってますが。

カスタム枠は最後でいいとしても、艦長は早めに育てておくことをオススメします。
というわけで、ジオン軍の中から勝手のいい艦長をリストアップしておきます。
とりあえず今回は80くらいまでで。

ドレン(85) 艦長B 回避率+3・補給速度+1
フラナガン・ブーン(75) 艦長B 射撃命中+2
セシリア・アイリーン(65) 艦長C 回避+1・補給速度+1
フラナガン博士(55) 艦長C クリティカル+3
マサド(35) 艦長D 回避+2

誰でもいいから乗せておけ…というわけではありませんが、乗せないよりは乗せておくべきかと。
例えコスト10のミハルでも射撃命中が+1されます。
優先順位は低いですが、艦長キャラクターは早めに決めておくといいでしょうね。

デッキはカード資産ももちろんのこと、自分はこういう戦いが得意だからこうする、といったスタイルが大事です。
色々なデッキを使ってみると、そのデッキの長所・短所も分かってきます。
入れ替えながら、多くのカードを使って経験を積むこと。
これがカードゲームの上達の方法だと思います。

では今回はこれにて。
次からは戦術的なお話でも。
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダム0079カードビルダー - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tatsumasa.blog44.fc2.com/tb.php/9-ffb3a0f2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。